ガスガスの赤城山へ その1

赤城山 黒檜山 駒ケ岳
スポンサーリンク

これは2017年5月15日に赤城山へ行ったお話しです。
はじめて赤城山へ行ってきました。
赤城山といっても、赤城山という峰はないという面白い山です。
今回は赤城山の主峰、黒檜山から駒ケ岳を歩いてきました。
さて今回はどんな山歩記になったのでしょう。

赤城山について

赤城山は気軽に目指せる日本百名山として人気のようだ。
赤城山という峰はなく、標高1,828mの主峰・黒檜山と、駒ケ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳、長七郎山などからなる山々の総称だ。
大沼のほとりの小島にある赤城神社には、湖の神様「赤城姫」が祭られており、
女性の願掛けに特にご利益があるらしい。

赤城山 赤城神社

黒檜山から駒ケ岳へ

群馬県 山のグレーディングには2/Bとある。
黒檜山登山口から駒ケ岳登山口まで、
歩行距離約4km、累積標高差登り下りとも約500m。

赤城山 黒檜山 駒ケ岳

黒檜山登山口から黒檜山の山頂までは、岩場を約450mを一気に登る。
黒檜山から駒ケ岳へは、稜線を歩く。
急な木の階段もあるが整備されているので心配はない。
大ダルミという草原を抜け、駒ケ岳山頂へ登る。

駒ケ岳山頂からはゆるやかに尾根を下る。
途中から大沼方面に一気に下る。
手すりの付いた鉄の階段がいくつかある。
そしてつづら折れに、駒ケ岳登山口に下っていく。

コースタイムは、
黒檜山登山口→1.1km 1:30→黒檜山
黒檜山→1.2km 0:50→駒ケ岳
駒ケ岳→1.4km 0:50→駒ケ岳登山口となっている。

計画編

今回は、この日は山に行くことにしていた。くぅちゃんと一緒の休みは数少ない。
赤城山はくぅちゃんが選んだのだ。
なぜ、赤城山なのか?
おそらく、「気軽に登れる百名山」という言葉にひかれた。
近くに美味しい物がありそうだ。温泉も近くにある。
こんな感じで選んだんだろう。

肝心の登山道の様子などはわかっているのだろうか。
事前に岩場の登りがあるよとか、一旦下ってまた登るんだよとか、
情報は伝えておいた。

まあ、今のくぅちゃんなら問題なく歩けるルートだと思う。
ただ、岩場の登りは文句が増えて、黒檜山から駒ケ岳の登り返しで言葉を無くす。
このパターンだろう。

そして当日

朝は小雨が降っていた。
天気予報では大丈夫なはずだったが赤城山はさっぱり見えない。
とりあえず登山口まで行ってみる。

赤城山 黒檜山

今日は天気がよくない。小雨が降っている。
赤城山は雲に隠れていて姿を見せない。

ジョン:雨が降ってダメそうなら観光かな~
くぅ:おっ、今日は観光?いいねー。

って言ったはいいが、せっかくだから登りたいと思った自分。
複雑な気分で赤城山へ向かう。

車で一気に標高1300mまで登るため、気圧の変化で耳がおかしくなる。
耳がおかしいとか言い合ってるのって子供みたいで楽しい。
霧がすごい。幻想的だ。こんな霧の中にいるのは初めて。
これは、お肌に良さそうだぞ(笑)

たくさんのカーブを越えて駐車場へ。
ジョンの様子を伺う。これは行く感じだ。がんばろう。

赤城山 駒ケ岳

おのこ駐車場に着いたが、霧と霧雨。
駐車場には、レインを着て準備中の登山者が二組。
ここでトイレを済ませて、黒檜山登山口近くの駐車場まで移動する。

土砂降りならあきらめもつくが、そうでもない。
せっかくだし歩いてみよう。こうして山歩記は始まった。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. ジョンさん、おはようございます。
    赤城山行かれたんですね♪
    群馬の山は谷川岳しか登ったことがありません(^_^;)
    ガスガスだったけど、どんな山歩記になったんでしょうか!?
    楽しみにしてますね(^^)

    1. まつたろうさん、こんにちわ!
      赤城山行ってきました。
      手軽に登れる百名山でした。
      ガスガスの中を歩いて幻想的ではありましたが、展望は一切なし(涙)
      これから一生懸命記事書きます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です