ガスガスの赤城山へ その3

赤城山 駒ケ岳
スポンサーリンク

これは2017年5月15日に赤城山へ行ったお話しです。
はじめて赤城山へ行ってきました。
赤城山といっても、赤城山という峰はないという面白い山です。
今回は赤城山の主峰、黒檜山から駒ケ岳を歩いてきました。
さて今回はどんな山歩記になったのでしょう。
前回の「ガスガスの赤城山へ その1」、
ガスガスの赤城山へ その2」はこちらをご覧ください。

黒檜山から駒ケ岳縦走

稜線の分岐を左へ行くと黒檜山。
右に行くと駒ケ岳だ。
くぅちゃんは、ヘロヘロになったふりをしているが、まだいけるはず。
ヘロヘロになるのは駒ケ岳への登りの頃がくぅちゃんの疲労のピークだろう。

それにしても疲れる。
序盤がキツイとずーっとキツイ。
この前の五頭山は登り始めが緩やかだったから、楽しく頑張れたんだ。
今回は岩場の登りで疲れた。
どこ見てもガスガスの感じ景色が見えないのも疲れるのかな。

赤城山 黒檜山

黒檜山山頂と、その先の絶景ポイントを目指す。
歩きやすい普通の登山道を行くとあっというまに到着。

登山道の様子が変わった
イワイワ地獄から開放されたと思ったら、昨日の雨でぬかるんでいる。
滑った跡もあるから気をつけないと。

赤城山 黒檜山山頂

山頂はひらけていて、天気が良ければ眺めもよさそう。
眺めはガスガスだが、お決まりの記念撮影。
今回の山歩きは、ガスを撮りに来たみたいだ。

稜線上を歩き始めたらすぐに黒檜山山頂に到着。
ふー。くたびれたー。
レインウェアがようやく脱げる!
蒸し暑さからの解放。

赤城山 黒檜山 ルリビタキ

ここでレインウェアを脱いで、絶景ポイントへ向かう。
その途中、絶景ポイントから戻ってきた方が、何やら見つめている。
聞いたら、青い鳥がいるよって教えてもらった。
幸せの青い鳥、ルリビタキと言うらしい。

山頂はガスしか見えず、その先の絶景ポイントへ。
のーんびり歩いていたら、先を歩いていたジョンとおじさまが立ち止まって何かを見ている。
なんだろう?
追いついた頃には、飛んでいってしまっていたけど、青い鳥がいたらしい。
残念。もっとはやく歩けばよかった。見たかったな。

赤城山 黒檜山 絶景ポイント

絶景ポイントには期待しないで行くが、やっぱり凹む。
上の写真の脇で、くぅちゃんは、何かの◯◯こを発見。
動物?人?

絶景ポイントでも何も見えず。
でも少し休めたから少し楽になった。

赤城山 黒檜山

つまらないので駒ケ岳を目指す。
山頂を過ぎ、先程の分岐を過ぎて進むと、すぐに鳥居がある。
ここで休憩しようと思ったが、さっき休んだばかりなので先に進むことにする。

赤城山 黒檜山 駒ケ岳

そして、花見ケ原分岐。
ここからは激下り。木の階段が整備されている。一気に下る。

赤城山 黒檜山 駒ケ岳

次は駒ケ岳へ行きます。
下りは歩きやすくていいな。
ぬかるみさえ気をつけていれば大丈夫。

さらに進むと、待ってたよー木道さん♡
やっと楽しくなってきた。
今回のルート、逆回りだったら無理だったかもしれない。
ジョンにそんな話をした。

くぅ:さすがですねー。ジョンさん。
ジョン:でしょー?(ってドヤ顔)
くぅ:やっぱり言わなきゃよかった(笑)

適当に「大丈夫、大丈夫」なんて言っているが、ちゃんと考えているみたい。

赤城山 黒檜山 駒ケ岳

だんだん霧が濃くなってきた。笹薮の中を歩く。幻想的だ。

赤城山 黒檜山 駒ケ岳

しばらくなだらかな道で、まわりの景色を見ながら歩く。
天気良かったら色々見えて沢山感動出来たのかな?

赤城山 駒ケ岳

大ダルミという草原を歩き、駒ケ岳への登りにさしかかる。
私の読みでは、くぅちゃんは、ここで泣きが入るはず。

赤城山 駒ケ岳

ほーら。ご機嫌斜めだ(笑)。
もっとキツイ階段が始まるよー。
あえてあまり構わずに先を歩いた。
ちょっと大きい文句が聞こえてくるが、ちゃんと登ってくる。

赤城山 駒ケ岳

木道階段が続く。あれれ、楽しくなくなってきた。
少しずつだった登りが、張り切った感じの登りになる。
足がいよいよ上がらなくなってきた。

赤城山 駒ケ岳

二段上がって休んで、また二段上がって休んで・・・。
先が長すぎる。こんな時こそナウシカの曲が流れないかな。
頭も少し痛くなってきたし、鼻もつまっているから気圧の変化で耳もおかしくなる。
ジョンが何か言っているみたいだけど、聞く余裕もない。
だから返事もできない。
とぼとぼ歩いてなんとかジョンが待っている所へ。

赤城山 駒ケ岳山頂

くぅちゃんの泣きポイントは、やっぱりここだったか。
長くはない登りだけど、これまで一気に下ってきたのにまた登りかえす。
今までくぅちゃんが登った山は、ほとんど登ったら下りるだけだったから、仕方ないか。

もしかしたら、駒ケ岳の登りの前で休憩を入れるべきだったかもしれない。
そんな事を思いながらガスを眺めていた。
そして、展望がなくて正解だったかもしれない。
もしこれから登る所が見えていたら・・・。ぞーっとする。

駒ケ岳山頂でおやつタイム。当然ガスガスで展望はない。
休憩して、後は下るだけだ。下山したら美味しい物食べよう。
この先に、大沼が一望できるポイントがあるようだが期待はできない。

駒ケ岳山頂。
やっと着いた。苦しかった。
のども渇いているし、お腹も空いているはずなのに上手く飲み込めない。

じゃらんnet

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です