一眼レフを山に持って行く方法

スポンサーリンク

カメラを始めたばかりの私が、一眼レフを山に持って行く方法を考えてみた。
カメラを持つようになる前は山での写真はもっぱらiphone。
これで十分だと思っていたが、もの足りなくなり、一眼レフを買った。
当たり前だが、携帯よりキレイに撮れる。当然もっと山に持って行きたくなる。
ただ、一眼レフは大きく、重い。また天気も気になる所だ。

ザックに入れる

これは、一番安全かつカメラも痛まないシンプルな方法。
しかし、撮りたい時にすぐに撮れないのが難点。
また、ザックに入れる位置も問題になりそう。
撮影したい場所があって、山に入る時などは良さそうだ。

ウェストバックに入れる

ザックに入れるよりは取り出しには困らなそうだが、すぐに撮れない。
カメラも比較的安全だ。
しかし、山に行く時はどうしても身体の前にカメラバッグが来る形になり、
足を上げる時に干渉する。山でなければ使えそうだ。

カメラバックをお腹のあたりにくるようにザックに取り付ける。
または、チェストハーネスを使う。
トップローディングタイプのカメラバックをお腹の辺りにくるように取り付ける。
カメラは安全そうだが、ウェストバック同様、すぐに撮れない。
身体の動きに干渉しなさそうだが、汗が気になりそう。
ちょっとごつい感じがするが安心してカメラを運べそうだ。

カメラに付属のストラップ等で、首にかけるのはすぐに撮れていいが、
カメラがブラブラする。歩いていてもお腹に当たって気になる。
手を使って登るような場所では、岩にカメラがぶつかったりする。
首が痛くなるのと、雨等が心配。

首が痛い対策にはこんなのを見つけました。
ハクバ くびの負担がZEROフック

カメラを体に引き寄せて固定ができるストラップで、たすきがけにする。
カメラが身体から離れないので、カメラがぶらぶらしない。
そしてすぐに撮れる。
ただ登山では背中にザックを背負うので、前方にカメラが来るようにして使う事になる。レンズが前向きになるので邪魔になりそう。
山でなくて街で使ったり、自転車に乗って使う時には非常に便利そうだ。

ダイアグナル ニンジャストラップ

ザックのショルダーハーネスに取り付ける

比較的邪魔にならずにカメラを持ち運びでき、カメラの取外しも簡単、すばやく撮影できそう。
ただしカメラが裸なので、雨等の対策が必要になる。

コットンキャリア ストラップショット

ピークデザイン カメラクリップ

b-grip トレッキングバリューセット

まだまだ方法はあるかもしれないが、
カメラの保護を取るか、すぐに撮れるを取るか、選択することになるだろう。
カメラの保護を考えれば当然バック等が必要となり、取り出す手間が発生する。
すぐに撮とれるを重視するなら、カメラはむき出しとなり、雨や埃、衝撃に注意しなければならない。
私には、ザックのショルダーハーネスにつけるタイプが合っていそうだ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. こんにちは(^^)
    カメラどうするかって悩みどころですよね…。友人はチェストバッグを使ってますが、山ではトレッキングバリューセット?みたいな感じで、肩のところに付けてる人をよく見かける気がします。
    私はiPhoneメイン、サブ的扱いでミラーレス使ってますが、ミラーレスはたすきがけです。でもこれって、コンパクトだからできることかもしれませんね^^;

    1. まつたろうさん。こんにちは!ジョンです。
      コメントありがとうございます。
      私もiPhoneだったのですが、どうしてもきれいに撮りたくて一眼レフにしました。
      世界最小最軽量のヤツですが(笑)。
      それを、たすきがけしていたのですが邪魔になってきたのです。
      やっぱりbgripのトレッキングバリューセットになりそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です