すぐに撮れる、一眼レフの持ち運び方

スポンサーリンク

前回の「一眼レフを山に持っていく方法」で色々考えた結果、
私にはすぐに撮れる方が合っていると思い、以下の3つに絞ってみた。
どの商品も、ザックのショルダーハーネスに取り付けるタイプで、すぐに写真が撮れそうだ。
ただし、カメラがむき出しなので、雨などには気をつけなければならない。
それぞれの特徴を見ていくことにする。

コットンキャリア ストラップショット

ショルダーハーネスの上部にベルトを通して、ショルダーハーネスにマジックテープで固定するタイプ。
90度回すとロックがかかる、はずれる仕組みのようだ。片手で操作できすぐに撮影できる。
ストラップショットを付けたままでも三脚が使える。
ただし、カメラを回すとロックが外れるタイプなので、カメラ動きそう。
そして、ザックのショルダーハーネスの大きさを選びそうだ。

ピークデザイン カメラクリップ

ショルダーハーネスをはさんで固定するタイプ。
カメラを外す時は、ボタンを押してロックを解除。すぐに撮れる。
カメラを取り付ける時は、そのまま付けるだけ。シンプルだ。
キャプチャーカメラクリップ、キャプチャープロカメラクリップの2種類が発売されている。
どちらも各種カメラに対応したものだが、「プロ」の方がカメラに取り付けるプレートが大きめになってる。
三脚との相性はいいようだ。
ショルダーバックのベルトにつけたり、もちろんザックにも取り付けられる。
ただし、ザックに装着するには別途足長ネジが必要になるようだ。
シンプルなデザインで使わない時も邪魔にならない。

b-grip トレッキングバリューセット

ホルダーをゴムのベルトでショルダーハーネスに取り付けるタイプ。
ロックを解除して、レバーを引いて、カメラを取り外したり、取り付けたりする。
トレッキングバリューセットは、腰につけるベルト、ハンドストラップ、レインカバーなどがついてくる。
しかし、三脚を使う時は、別途オプションのパーツが必要みたいだ。
ちょっとごつい感じがする。

まとめ

どれも人気の商品で、良くできているようだ。
それぞれに特徴があって面白い。
最初ピークデザインがシンプルでいいと思った。しかしショルダーハーネスに取り付けるネジも必要になる。
悩んだ挙句、私はb-gripにすることにした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. b-gripに決めたんですね(^^)
    ひょっとしたら一眼レフ買うこともあるかもなので、実際に使ってみての感想なんかも楽しみにしています♪

    1. まつたろうさん、こんにちわ。
      決めちゃいました(笑)。
      また、使用感など記事にしますね。
      こちらは、今日は天気良くて山日和なんですが、仕事で行けなくて欲求不満です(泣)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です