berghaus ディセプションフリース

バーグハウス ディセプションフリース
スポンサーリンク

もうすぐクリスマスですね。
ジョンは私を冬の山に連れて行きたいみたい。本格的な冬山は絶対イヤだけど、低山位なら…。でも寒いのやだなぁ。
ジョンは冬も山に行けるように冬用の手袋をプレゼントしてくれました。
私からジョンへのクリスマスプレゼントはこれにしました。

バーグハウス ディセプションフリース

軽量化と保温性を兼ね備えたフリースジャケット
肌触りがとてもソフトな両面起毛のマイクロフリースを採用

◯重さ 396g
◯素材 マイクロフリース (180g/m2)、サーマルインシュレーション 0.5CLO
◯機能・特長  2つのファスナー付ハンドポケット、胸元の圧着ポケット

今ジョンが欲しいと思っているアイテムの中から、このフリースをプレゼントすることにしました。
今私が使っているバーグハウスのフリースはとっても気に入っています。
生地の触り心地といい、着た時にもスッキリ見えるのが嬉しいです。
もこもこしないし、かといって薄い訳でもなく、暖かい。
ジョンに「そのフリースいいよねー」と度々言われていたのもあってこれにしました。

バーグハウス ディセプションフリースは、肌触りがとてもよく、保温性もよさそうです。
アウトドアでも普段着としても使えそう。
ウエストの左右にジッパー付きのポケットが付いていて、裏地はメッシュ素材なので、ジッパーを開けておけば通気性もよさそう。
喜んでくれるといいな。

せっかくなのでフリースについて調べてみました。

フリースとは

フリースとは、起毛加工された繊維を総称したもので、特定の化学繊維を指すものではない。フリースは起毛した繊維なので、軽くて保温性が高い反面、その分かさばってしまう。
また、熱に弱いという弱点がありタバコなどの火が触れるとすぐに穴が開いてしまう。
最近では防風性や耐火性を向上させた生地や、起毛の繊維を短くしてかさばらないようにしたマイクロフリースのような生地や、ストレッチ性を向上させた生地など、機能性のフリースが増えてきている。

フリースの役割

登山でフリースは、ミドルレイヤーとして空気の温かい層を作り出して保温することと、ベースレイヤーが吸収した湿気を発散することにある。
フリースはかさばるが、ミドルウェアの中でもフリースは保温性と透湿性のバランスが良く、ストレッチ性もあるので汎用性が高い。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です