雨の角田山 稲島コース①

角田山 稲島コース
スポンサーリンク

これは2016年12月5日のお話です。
くぅちゃんとジョンは久しぶりに山に出かけました。
今回は雨の山歩き。さてさてどうなることやら。

久しぶりのくぅちゃんと一緒の山歩きである。
残念ながら当日の天気はイマイチ、時間も限られていたので近場の山にした。
そして山欠状態だったので、今回は雨でも行くことにした。
心配だったのは、くぅちゃんが雨で山を嫌いにならないか?という事だった。行きの道中は結構な雨降りだったが、登山口に到着した頃には晴れていた。
雨が降らないうちに歩き始めた。

角田山は何度か登っているけど、稲島コースは初めて。
ジョンが階段地獄と言ってたからちょっと不安。
前回の弥彦山八枚沢コースでは、
下りで膝が痛くなってとても辛かっただけに心配だ。

角田山 稲島コース

久しぶりにレインウェアを着た。
私は濡れるのは好きでないので、降らないうちに登りたい。
角田山の稲島コースは、距離は短いが、急な階段が続くコースだ。
それだけにくぅちゃんの反応が心配だったが泣き言も言わず登っていた。
本当に逞しくなったくぅちゃん。
だがしかしやっと普通になったとも言える(笑)。

小雨が降る中歩き始めた。落ち葉の道がなんかステキ。
でも滑るから要注意なんだな。
登り始めて5分位で早くも息が上がる。
1ヶ月ぶりだし仕方ないか。

角田山 稲島コース

登山口からはしばらく砂利道を歩く。雨が降っているので川ができていた。
稲島薬師堂の先からよく整備された階段が続く。
途中休憩所があり、お地蔵様の所から登山道らしくなってくる。

角田山 稲島コース

所々に写真の丸太風の石があるのだが、アスレチックみたいで何だか楽しい。

角田山 稲島コース

小雨はぱらついている程度だったが、
不動明王像の辺りから、雨が強くなってきた。
とりあえず急いで木陰まで避難する。

一方くぅちゃんは、何食わぬ顔でマイペースに登ってくる。
くぅちゃんは、風がなければ多少濡れるのは平気らしい。

角田山 稲島コース

観音堂までは大急ぎで登って雨宿り。
くぅちゃんが追いついた頃には雨は上がっていた。

広い階段から細い階段へ。(お地蔵様の所の事を言っている)
段差が極端に高いものが少ないせいか比較的歩きやすく感じる。
雨は降ったり止んだりの繰り返し。

この時期にしては寒くない。風がないと雨に濡れても平気だ。
むしろ心地良いとさえ感じる。

雨の山ははじめてだけどとっても神秘的だ。
ジョンは雨に濡れるのがキライらしく早足だ。
どんどん先に行ってしまう。

角田山 観音堂

くぅちゃんは雨に濡れるのが意外に平気だと言うことがわかり、
今後の山の計画も立てやすくなる、これは収穫だ。

観音堂で少し休憩して先へ進もうとするが、
くぅちゃんは「本当に行くの?」って顔をしている。
とりあえずスルーして歩き始める。

確かに稲島コースは、階段地獄だわ。息が上がるなぁ。
地元のおじさまたち数人に抜かれてしまった。
登山道が狭いので、追い越される時や、すれ違う時は、
スペース見つけるのが大変だ。

そしてジョンはドSキャラ炸裂中(笑)。

次回の「雨の角田山 稲島コース②」もお楽しみに。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です