雨の角田山 稲島コース②

角田山 観音堂
スポンサーリンク

これは2016年12月5日のお話です。
前回の「雨の角田山 稲島コース①」もご覧下さい。
今回は観音堂から山頂、そして下山までのお話しです。

角田山 稲島コース

天気も良くなり観音堂から山頂までは木道歩き。
くぅちゃんはなんだか元気で楽しそうだ。

濡れた木道は滑る滑る。
くぅちゃんとふたりで、滑った音がすると、「今、滑った?」
「今、滑ったの?」としつこく聞いたり、からかい合いながら歩く。
周りに人がいたらうるさくて怒られそうだ。

そんな時、登ってる時に追い越されたおじさまに、
「やけにのんびりでしたねー。」とからかわれてしまった。
雨宿りもしたけど、確かにのんびり過ぎた。

角田山 稲島コース

くぅちゃんは木の枝の穴の中にキノコが生えているのを発見した。
「こんな所にキノコだよっ」とまるで子供のように連発。
最近こういう余裕が生まれてきている様だ。うんうん。

さっきのおじさまは、長靴に傘をさして登る、ザ・新潟登山スタイルだ。
傘も風のない日は有効そうだ。ただし風が強いと危険だ。
長靴も考えてみてもいいのかも。登山靴も汚れないし。
そんな事を考えながら、山頂に到着。

角田山 山頂

山頂にタッチして小屋の中で朝ごはんにする。
雨の日とか、寒い日はこういう小屋があると助かる。
維持管理をしている方に頭が下がる思いだ。

角田山 山頂 小屋

朝食は、くぅちゃんにまだ食べさせてあげてなかった、おにぎりとポタージュスープで作る簡単ドリアを作った。なかなか好評だった。

山頂で食べた、おにぎりとポタージュスープで作る簡単ドリアが美味しかった。寒い時期にぴったりだ。温まる。
今回はエビマヨとツナマヨでジョンに作ってもらいました。
ありがとう。

小屋に、ザ・新潟登山スタイルの大先輩がいらっしゃった。
小屋のストーブに火を付けてくれた。ダンディなおじさま。
毎日の様に来ている人の様だ。入ってくる人みんな知り合い(笑)。

そのおじさまは、「雨や雪の時は、長靴がいいよ」と教えてくれた。
地面の感覚が、よく足に伝わっていいようだ。
今度は長靴で登っておいでと…。

さてごはんも食べたし下山しよう。
小屋の外へ出てみると、晴天となっていた。
やはり太陽が出ているとが気持ちがいい。
そして沢山人が登ってくる。やっぱり人気の山なのだ。

観音堂までは木道を滑らないように歩くが、相も変わらず罵り合いは続く。
観音堂からの景色は、さっきまでとは全く違う表情を見せていた。
雨の景色もなかなかいいものだが私はやっぱり晴れている景色の方が好きだ。

さて、問題のくぅちゃんの膝である。今回は大丈夫だろうか。
雨に濡れて滑りやすくなった階段地獄。
新しいサポートタイツの効果を期待しつつ階段地獄へ突入する。

と、その前におやつおやつ。のくぅうちゃん。

雨上がりの明るい陽射しを感じながら下り始める。
思ったより水たまりはなく順調に降りていく。

前回の弥彦山の八枚沢コースの時のみたいに膝が痛くならない様に
工夫して歩いてみる。
ジョンに指摘されているように、重心を低くしてドスドスと下りないようにしてみた。
初めは慣れなくて不安定だったけど、少しずつコツをつかんできたような気がする。

先に歩くジョンを観察する。テンポよく歩いているなぁ。
そうだジョンのマネをしてみよう。
姿勢もポイントみたいだなぁ。
私は足下ばかり気に取られていて、テンポよく歩けていない気がした。

角田山 稲島コース

急な階段をテンポよく降りて行く。
くうちゃんはいつもよりテンポが良い。
いつもなら登りより時間がかかりそうな位なのだが、今回は違う。
まるで別人である。でもこれが普通なのだが・・・(笑)。

登山道に埋めてある黄色い丸太風のやつ。
正直登りの時はちょっとじゃまだなあと思ってしまったけど、
下りはそれをトントンと乗って歩いた。
アスレチックみたいで楽しい!
そんなこんなでめずらしく楽しく下山できました。

角田山 稲島コース

今回は、雨降りだったので一眼レフを持っていかなかった事が、
残念なぐらい良い天気になった。
意外とiPhoneもよく撮れるが、なんか違う気がする。

角田山 稲島コース

一方、くぅちゃんはというと、楽しそうだ。
いつもなら悪態つきながらの下山となるのだが、今回は違う。
サポートタイツが効いているのか?
それもあるだろうが、歩き方が変わっていた。

膝の具合はというと、全く痛くないことはないけど、普通に歩ける位。
サポートタイツのおかげかな。

くぅちゃんの膝の具合もいいようだ。
たくましくなったくぅちゃんをどこに連れて行くか考えながら駐車場に到着。

雨が意外と平気な事がわかったし、歩き方もだいぶ慣れてきた様だ。
何より下山が楽しくなってきた様なので、行ける山も広がってきた気がする。これからの雪山シーズン。
雪の低山でトレーニングして、来春からはガシガシと行けそうである。
とても楽しみだ。

今回で「雨の角田山 稲島コース」のお話しは終ります。
また、次の記事でお会いしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です