角田山 小浜コース

角田山 小浜コース
スポンサーリンク

今回はジョンの単独での、2016年12月26日 角田山 小浜コースのお話です。

角田山は里山と言えど、豊富なコースと手軽さ、植生の豊かさで人気のある山だ。
公式コースは7つ。非公式コースが3つ。合計10コースがある。
小浜コースを歩くと全10コースを歩いたことになる。

角田山 小浜コース

小浜コースは、登山口が看板も無く分かりにくい上に、登山道も分かりにくい。
車を停め、登り始めから???となる。
背丈ほどある薮の中を、かろうじてある踏み跡を辿る。

すぐに沢の方へ行く道と尾根を登る道に別れる。
尾根を登るのが正解のようだ。
そしていきなりの急登。
久しぶりの山で、身体は重く、昨日までの雨で滑りやすく余計時間がかかる。

薮は最低限刈ってあるようだが、目に入らない様に注意したい。
登山道は落ち葉が積もっており、その下は土がぬるっとしていてよく滑る。
登りはともかく、下りは注意したい。

角田山 小浜コース

ある程度登るとなだらかになり、気持ちの良い尾根歩きができる。
所々振り返ると、日本海を眺められる。この日は佐渡が大きく見えた。
左手に灯台コースを眺めながら登っていく。

角田山 小浜コース

途中、ロープが張ってある急登があるが、足場はしっかりしているので注意して進めば問題はない。

角田山 小浜コース

広い尾根の上はどこが登山道だかわからない所もあるが自然に歩ける。
三角点を過ぎ、灯台コースと合流が近くなると笹薮が現れる。
そして分岐が現れ右へ進む。反対側はどこに行くかはわからない。
おそらく登山口の分岐から沢づたいに登るコースなのか?
とりあえず木の枝で封鎖してある。

角田山 小浜コース

それから腰位まである笹薮を進む。
踏み跡、リボンは付いているので分かるが夏場はよくわからないかもしれない。

角田山 小浜コース

そして、いきなりきれいな登山道となり、灯台コースと合流する。
ここからはいつもの通り慣れた道となる。

角田山 小浜コース

登山道はぐちゃぐちゃぐちゃで歩きにくい。
木道もよく滑る。

角田山 小浜コース

いままで誰ともすれ違わなかったが、沢山の登山者とすれ違う。
この日は比較的天気がよかったので、山頂は賑わっていた。
小屋は常連さんで溢れていたので、おにぎりを食べてさっさと下山した。

角田山 小浜コース

さすが非公式ルートの小浜コース。
人通りが少なく静かな山歩きができる。道は狭く夏場は薮化して通れないだろう。
それでも、山歩きしている感は満載だ。
すれ違ったのは下山中に一人だけだったが、灯台コースを歩くおばちゃんたちの声はすごく良く聞こえた。
春先はカタクリなどお花がきれいそうだが、夏場はやめといた方がよさそうだ。

今年の登り納めはくぅちゃんと一緒に行けそうです。
どこの山に行くか考えます。雪の上を歩けたらいいなと思ってます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です