花の山、角田山へ。桜尾根コース編

角田山 桜尾根コース
スポンサーリンク

これは2017年4月3日のお話しです。
くぅちゃんのお出かけに触発され、病み上がりなのに山に出かけたジョンのお話しです。今回は桜尾根コース編です。
前回の「花の山、角田山へ。お花編」もご覧ください。

晴れてる間に角田山へ

3月末に体調を崩してしまった。何とかは風邪ひかないと言うが、何とかでなかったようだ。
2日間も寝込んだため身体が衰えたように感じる。
ネットで、雪割草がきれいに咲いてますよ、みたいな情報を見てしまうと、居ても立ってもいられなくなった。
病み上がりだったので角田山ならちょうどいい山歩きができそうだし、天気がいい午前中に行ってこれる。一応、雨にあたるのを覚悟してでかけた。
今回は桜尾根コースから登って灯台コース降りるコースを選択した。

角田山 桜尾根コース

角田山 桜尾根コース

桜尾根コースは非公式コースで、土地の所有者の方の好意で登れるようになっている。従って、スパイク付き長靴や、トレッキングポールの石突きのゴムキャップのないものは使用が禁止されている。
所々にマナーを促す看板があり、花を持って帰ったり、登山道から出て写真を撮ったりする、マナーが悪い人が多いようだ。

角田浜海水浴場の駐車場に車をとめる。
駐車場に着いたのが9:30頃。すでに車が沢山とまっている。
乗用車にマイクロバス、観光バスもとまっている。
お花の時期の角田山は大人気である。登山道の渋滞も覚悟なければならない。

角田山 桜尾根コース

準備を整え出発する。
駐車場から階段を登り、国道を渡ると登山口はすぐそこだ。
先に登っている登山者の声が聞こえる。
最初の階段から登りはじめて、ちょっとすると登山道の両脇に雪割草が咲いている。
とっても綺麗に咲いている。沢山の登山者が足を止め眺めたり、写真を撮ったりしている。花の写真は、「花の山、角田山へ。お花編」をご覧下さい。

角田山 桜尾根コース

最初の登りを登り切ると少し開けた所にでる。
ここからは雰囲気が変わって、腰の高さ程の笹が生えている。
気持ちがいい山歩きだ。
途中、沢山の登山者を追い越していく。グループで登っている人、単独の人様々だ。平日にも関わらず、こんなに沢山人がいる角田山は初めてだった。

角田山 桜尾根コース

更に進むと、また急な登りとなる。
この斜面には、沢山のカタクリが咲いていた。カタクリの絨毯みたいだ。

角田山 桜尾根コース

木の根がうねうねとしている尾根を進むと、正規の登山道と合流する。
当然ながら桜尾根コースの看板はないが、踏み跡はしっかりとついている。
合流地点からはすぐに山頂に到着する。

角田山 山頂

山頂は沢山の人で賑わっていた。皆思い思いに楽しんでいる。
次の記事、「花の山、角田山へ。灯台コース編」もお楽しみに。


最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です