花の山、角田山へ。灯台コース編

角田山 灯台コース
スポンサーリンク

これは2017年4月3日のお話しです。
くぅちゃんのお出かけに触発され、病み上がりなのに山に出かけたジョンのお話しです。今回は灯台コース編です。
前回の「お花編」、「桜尾根コース編」もご覧ください。

角田山 灯台コース

灯台コースは、角田山の登山道の中で最もきついコースだ。
日本海の眺めは抜群で、海抜0mから登るのも面白い。
前半はアップダウンがあり、途中岩場もある。

角田山 灯台コース

山頂には、沢山の登山者がいた。
私は午後からの天気が心配だったので、ウェアの調整だけして早めに下山する。
山頂の三角点の所では写真を頼まれ快諾した。
10人位のグループだっただろうか、こういう登山も楽しそうだ。

角田山

灯台コースの方へ下山開始する。まだまだ登ってくる人が沢山いた。
春休み中と言うこともあり子供達が頑張っていた。おじいちゃんやおばあちゃんに連れられてきたんだろう。子供たちは、ひょいひょいと登っていく、羨ましい限りだ。

灯台コースの分岐のところで。あるおばさまが探し物をしていた。
声をかけると、コシノカンアオイという珍しい花が咲いているという。
毎年この辺に咲くのだと言う。写真は「お花編」をご覧下さい。
地べたに咲いていて、色も地味。よく見ないと気づかない。
大きかったら食べられそうだ。

灯台コースは急な階段が多く岩場もある。どんどん下っていく。
ここでもたくさんの人とすれ違う。灯台コースもカタクリがとてもきれいだった。

角田山 灯台コース

灯台コースの難所の岩場に差し掛かったあたりからコースが渋滞し始めた。
いくつものグループが歩いているようだ。
ここでの無理な追い越しは危険なのでのんびり歩くことにする。
アップダウンもあるためなかなか辛いコースだ。

先行者の休憩のタイミングを見ていくつかのグループを追い越して進む。
そしてまた渋滞で止まってしまった。

角田山 灯台コース

前の人と話をするとそのグループは名古屋からのツアーの人達だった。
先頭にお年寄りいるらしく時間がかかっているらしい。
1番後ろのガイドさんは申し訳なさそうに言っていた。
折角なので色々話をしながら歩く。
名古屋からわざわざこの山に来ると言う事にたまげた。

このグループの先頭のガイドさんは大変そうだった。お年寄りのザックを持ってあげたり、手を貸したりして何とか歩かせていたようだった。
このコースはお年寄りにはきついかもしれない。
安全な所で先に行って下さいと言われ、追い抜かせてもらった。

角田山 灯台コース

上の写真は「小浜コース(非公式)」の登山口が見える。
途中で隣の尾根を歩く登山者が見えた。
小浜コースはあまり人は歩いていないのだろうか。

角田山 灯台コース

ここのコースの醍醐味は海抜0メーターから上っていくところである。
今回は下りで歩いているので海に向かって降りていくことになる。なかなかの絶景だ。

角田山 灯台コース

波打ち際から登っていく登山道も珍しいだろう。

角田山 灯台コース

角田山 灯台コース

渋滞で時間はかかったが、天気は大丈夫だった。
お昼は山頂で取らず、天気が心配だったので、下山してからにした。
カップラーメンとおにぎりを食べ、お茶を飲みながらのんびり灯台コースを眺めていると、さっきの名古屋のツアーのグループが降りてきているようだった。
どうやら1番先頭にいたお年寄りはガイドさんにおんぶされて降りてきたようだ。

この後、「だいろの湯」へ行って汗を流した。
登山の後の温泉は格別だ。温泉も楽しみのひとつだったりする。
温泉から出てくると、なかなかいい雨が降っていた。

b-gripを使ってみた

首からブラブラぶら下げていた一眼レフカメラ。
今回初めて山で、b-gripを試した。

結論からするとなかなかいい感じで、オススメだ。
操作も簡単で撮りたい時にすぐ撮れる。
そして歩いていてカメラが邪魔になることもなかった。
心配していたショルダーハーネスに付けたホルダーが身体に当たって痛くなったりしないかと思っていたがこれも問題なし。

ただし、腕を前で組めない。カメラが木の枝などに当たりやすい。
そして、これからのシーズンは汗が心配。雨対策と合わせて考えよう。



最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. 角田山、すごい人気でビックリ!
    灯台コースは海抜0mから登るというのも魅力的です(*´艸`*)
    桜尾根コースはご好意で登れるコースなんですね。これからも歩いて楽しめるように、最低限のマナーはきちんと守りたいものです。。
    そうそう、コシノカンアオイというお花が珍しくて調べてみたら、これまた日本海側の多雪地帯に多いお花みたいですね。長野じゃ見かけることもなさそうです…(^_^;)
    b-gripの感想もありがとうございます!
    腕が組めないのは、個人的にちょっと辛いかも…でも、撮りたいときにすぐ撮れるのは、やっぱり魅力ですね(^^)

    1. まつたろうさん。おはようございます!
      いつもコメントありがとうございます!励みになります!
      角田山は標高482mの山ですが、公式には7コースあって、非公式が3コース、更にバリエーションルートがあるようです。
      海抜0mからの灯台コースは楽しいですよ。是非一度遊びに来て下さい(^^)
      b-gripですが、私も腕が組めないのは辛かったのですが合格点ですよ。
      レンズがパンケーキレンズみたいのなら大丈夫かもですが、ズームレンズは厳しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です