下山中の膝の痛み くぅちゃん推測編と対策

スポンサーリンク

前回の「下山中の膝の痛み 原因編と対策」を受けて、
くぅちゃんの考えはどうなのでしょうか?今回はくぅちゃんがお話しします。


下山中に膝が痛い事をよーく考えてみました。
まずは今シーズン歩いた山々を思い出してみました。

春(残雪期)
角田山 灯台コースから桜尾根コース
弥彦山 表参道コース
結果、痛くなかった。


大峰山
弥彦山 表参道コース×2回以上
角田山 五りん石コースから湯之腰コース 往復
結果、痛くなかった。


谷川岳 天神尾根コース、弥彦山 八枚沢コース
結果、痛かった。

推測その一
階段地獄の時はだいたいダメ。
でも春の角田山は岩場あり、階段あり。でも大丈夫だった。

推測その二
寒くなるとダメ。
でも春の角田山も雪が残っていて冷えていた。でも大丈夫だった。

推測その三
体力不足。
以前に比べると良くなってきていると思うがまだまだかな。

あと自分のペースで登れないとダメみたい。
渋滞などで焦らされたりするとよくないのかな。
いずれにしても、膝に不安を抱えているのは事実なので、自分なりの方向性をつけてみました。

対策その一
体力面。
普段の生活の中でトレーニング化できることを増やす。
歩く量を増やす、階段の昇り降りを意識してやるなど。
ジムは続かない(笑)から普段の動きの中で出来ることをしてみる。

対策その二
サポートタイツ検討。
今使っているものが安心感がイマイチなので、サポート力が高いものを使ってみる。
ただし、ゴム製品にアレルギーがあるため、合うか要チェック。


 

山の体力は山でしかつかないって聞いたことがあるけど、やっぱりたくさん登るのが一番の近道なのかなって気がします。
膝の不安は、筋力がついてくれば解消できると思います。
なぜなら、最初に比べたら楽になっているのは確かだから。
ちょっとサポートタイツをサポート力のあるものにして、体力をつけながら頑張ってみます。
あとはトレッキングポールの使い方もしっかり勉強してみようかと思います。

今回はくぅちゃんがお届けしました。


山と溪谷 2017年3月号 「悩めるヒザ、予防と対策」「ベストバイ・登山靴」「切りとって持っていける膝痛予防テーピングカード」

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です