大峰山で雪遊び 雪の上の足跡編

大峰山
スポンサーリンク

これは2017年2月11日に大峰山で雪遊びをした時のお話です。
くぅちゃんは初めての雪山です。どうなる事やら。
前回までのお話しは「大峰山で雪遊び 準備編」「大峰山で雪遊び 当日編」「大峰山で雪遊び 後日編」をご覧下さい。
今回は番外編「雪の上の足跡編」です。

くぅちゃんと雪遊びをしていた時に、動物の足跡がたくさんあった。
雪の上の足跡が気になって調べてみた。
上の写真は、ちょっと古い足跡でハッキリしないが、カモシカ?

この写真はウサギ。大峰山 ウサギ

珍しく物知りくぅちゃんが登場した。
くぅ:この「けんけんぱ」はねウサギさんなの。
ジョン:「???」「・・・」
くぅ:だから「けんけんぱ」💢
ジョン:あーなるほど。「けんけんぱ」ね。

ようやく納得できた。
ウサギの足跡は特徴的なのでわかりやすい。

大峰山 ウサギ

くぅ:この足跡のウサギさんは、今どこにいるんだろう?
ジョン:追っかけたらいいよ。
と言いながら内心は、雪道はズボズボ埋まるので、この位の浮力が欲しいと思うジョンであった。

次はこれ。
大峰山 キツネ

大峰山 キツネ

これもハッキリしないが、ググってみたところキツネではないか?と結論づけた。勝手に。
どなたか、詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

雪の上では必ず足跡が残る。
足跡を辿っていけたら楽しそうだ。
足跡からその動物のキャラクターまで見えてきそうだ。
もう少し勉強してみたいジャンルだ。

そして、足跡ではないが人跡。
大峰山
この跡はくぅちゃん。
だってお尻が・・・。
大峰山

そしてこれがジョン。
大峰山
失敗だ。頭の跡が付いていない。
大峰山

なんて馬鹿げたことをやってしまったのか。
でも、子供に帰ったみたいでとっても楽しかった。

この後ここを歩いた人が、この人跡をみたらどう思うのだろうか?
きっと、「なんてバカな奴らがいたもんだ」こう思われるに違いない。
まあ現場を見られなかっただけよしとするか。

ジョン:雪遊びで、雪合戦するの忘れた。
くぅ:あー忘れてたね。
ジョン:どうせ不意打ちで、いたずらするつもりだったんだよね?
くぅ:・・・・・。
くぅ:どーせ自分だってそのつもりだったくせに。
ジョン:・・・・・。

大峰山

くぅ:これ落とし穴?。
ジョン:見えてるし。
ジョン:ふざけてると落ちるよ。
くぅ:・・・・・。
ジョン:ズボッ。 ・・・・・。
くぅ:(笑)。

これで「大峰山で雪遊び」は終ります。
次はいつ行けることやら。
もちょっと雪山を楽しみたいと思うふたりでした。

マウンテンシティ

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. はじめまして(^^)
    どこにコメントしようかなと迷った挙句、少し前の記事ですがこちらに…。

    ガスと渋滞の谷川岳(経験あります)や大峰山のお話など、楽しく読ませていただきました。これからのくぅちゃんが楽しみだったりします(^^)
    新潟でしたら、山はまだ雪が多かったりしますか?こちら長野ですが、まだまだ雪がタップリと…でもこれからは山も歩きやすくなるし、お花の便りも少しずつといったところ。楽しみも増えますね。
    また遊びに来ます。

    1. まつたろうさん、コメントありがとうございます!
      初めてのコメントでとっても嬉しいです!
      長野いいですね。とっても羨ましい!
      行ってみたい山が沢山あります。
      下山後のご褒美も沢山あるイメージです(笑)。お蕎麦とか温泉とか。
      新潟もそんなイメージかもですが・・・。
      下界は雪はありませんが、山奥は沢山あります。
      近所の低山では、雪割草、カタクリが咲き始めてますよ。
      山の初心者ですが、よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です