渋滞とガスと谷川岳  決断と復活と下山編

谷川岳 天神尾根コース
スポンサーリンク

このお話は、2016年10月10日に谷川岳の天神尾根コースを登った時の物語です。
これまでのお話しはこちらをご覧ください。
渋滞とガスと谷川岳 ロープウェー編
渋滞とガスと谷川岳  順調に山歩き編
渋滞とガスと谷川岳  渋滞と岩場とガス編

今回は、肩の小屋から下山するまでのお話です。膝が痛み出したくぅちゃん。頂上にたどり着けるのか。


ガスガスの肩の小屋には沢山の人がいた。座れる場所もあまりない。
ちょうどベンチが空いたので座る。展望がないのは寂しい。
とりあえず、くぅちゃんに痛み止めを飲ませる。
じっとしていると寒いのでジャケットを着込み、ご飯にする。
持ってきたおにぎりを食べながら、お湯を沸かし暖かいスープを飲む。なんとか肩の小屋に辿り着けた。もう動きたくない気分だ。

あの階段大キライ。エスカレーターになればいいのに。
最後まで歩ける自信がない。

ジョンが膝の痛い私を気遣って、ちゃんと座れるスペース探してくれた。
落ち込んでいる私を気遣ってくれてありがたいが、息があがって話せない。
ごめんね、ジョン。

しかし、ジョンはもちろんだけど、みんな元気だ。

問題はこれからどうするか?である。トマの耳、オキの耳にいけるか?
オキの耳はあきらめトマの耳止まりにするか?あきらめて下山するか?
くぅちゃんの膝の痛みと気力次第だ。

ここで撤退しよう!そう決断した。
くぅちゃんの膝の痛みはよくなるとは思えないし、下山の道のりもある。
ただでさえくぅちゃんは下山が苦手だ。山頂はガスガスでなんの展望もない。
決断したら早い私。くぅちゃんにそう伝え、下山の準備をする。
くぅちゃんはご飯食べたのと、これで終わりと思ったのか元気復活だ。
単純である。もう少したくましくなるといいのに。

谷川岳

11:00 下山開始。相変わらず渋滞している。
まだまだ登ってくる登山者はいるし、下山する人が増えているからどうしても渋滞する。あせっても仕方ないので、一歩一歩確実に下山しよう。
くぅちゃんは、階段を降りている時は大人しかったが、それからは完全復活した。

その頃ちょうどガスも晴れてきた。くぅちゃんと山の天気は・・・、である。
挙句の果てに、なんでこんな所に行きたいって言ったんだろ?とか言い出す始末。
自分で言い出したのにである。それはひどすぎる。

谷川岳

山頂の方を振り返ると相変わらずガスガスだ。下りは登りより慎重に進む。
登りの人とすれ違うタイミングとか、足の置き場などアドバイスしながら下りる。
くぅちゃんは登りとうって変わって、おしゃべりである。

下りの岩場は滑るから怖い。混雑のお陰で、休み休み歩ける。
それでもやっぱり膝は痛いから、もっと休みながら歩きたいくらい。
標高が低くなるにつれて寒さが和らぐ。日差しを感じながら歩く方が精神的にラクだ。
階段と岩場が終わる頃に、苦しい所から解放された気分になって元気が出た。
あと少し。

谷川岳

熊穴沢避難小屋でちょっと休憩。私は、何故かおじさまに声をかけられやすい様だ。
百戦錬磨の大先輩方に話しかけられる。とっても楽しいが、なんで女性でないのだろう?おじさまは、本来ならくぅちゃんの専門分野なのだが。

小屋で休憩していると、ベテラン感がハンパないおじさまが声かけてきた。
あちこちの山を登っているという。
私は全然山の名前聞いてもチンプンカンプンだけど、
ジョンはとても興味深そう。
そのおじさまは、こんなに混んでいる谷川岳は初めてだと言っていた。

そして、木道を歩き始めると、くぅちゃんの奇声が聞こえてきた。
そしたら今度はブツブツ。元気が戻ったのは嬉しいが、なかなかのうるささだ。
確かに木道は濡れていると本当によく滑る。登りの時はあまり感じないものだが。
ふたりでからかい合いながら下山する。だいぶうるさかったことだろう。

木道は朝と様子が変わっていて、すべるすべる。
沢山の滑った足跡を見て、気を付けようと慎重に歩いたつもりなのに。
ツルッと足がもっていかれる。なんなん💢木道。
スケートリンクみたいになりやがって。

谷川岳

13:00 天神平到着。なんとかくぅちゃんの膝は大丈夫だった。
もしかしたら行けたんじゃないか?とも思う。
今回は肩の小屋が私達の頂上だったのだ、自分にそう言い聞かせる。
私的にはほっとしていたが、くぅちゃんには、また魔のロープウェーが待っていた。
私は楽しくて笑いが止まらない。ロープウェーの中でちょっといじめてしまった。
くぅちゃんはおかげでふてくされ気味だった。

天神平に着いた時はもうくたくた。
ロープウェーはなるべく外が見えにくい席に座れてよかった。
帰りはジョンだけじゃなく、目の前に座ったおばさんにまで笑われた。くー。

色々あったが、なかなか楽しい谷川岳であった。
くぅちゃんも一回り成長したことだろう。今後が楽しみだ。

ガイドブック読んだり、ネットで調べたりしたけど、こんなはずじゃ…と思う事ばかり。
近くの山ではちゃんと登れていたけど、調子にのっちゃったかな。
でも、雑誌に出てくるような絶景をみた時、来てよかったかも、とちょっとだけ思えた。

下山後は、谷川岳名物のもつ煮を、高速のSAで食べて帰宅。

帰り道の谷川岳SAで食べたモツ煮込み定食、すっごくおいしかった。

谷川岳名物 もつ煮

以上で渋滞とガスと谷川岳シリーズは終ります。次回もお楽しみに。

最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です