くぅちゃんの大冒険 弥彦山 田ノ浦コース ①

弥彦山 田ノ浦コース
スポンサーリンク

くぅちゃんとジョンの山選び

久しぶりにくぅちゃんとお休みが一緒になった。天気もよさそうだ。

ジョン:明日山に行こうよ
くぅ:いいよ

弥彦山 田ノ浦コース

このLINEのやり取りだけで決定。問題はこの先である。
どこのお山にするかがなかなか決まらない。
日本一小さな山脈、櫛形山脈の縦走。白いカタクリを探しに角田山へ。
くぅちゃんの行ったことのないコースを歩く弥彦山。などなど、色々と案を出してみる。

くぅ:弥彦山表参道コースよりハードなコースで
くぅ:角田山灯台コースよりやさしいコースがいい

気持ちは分かるが…。そこで、

ジョン:お花も楽しめて、今までにない山歩きはどう?
ジョン:弥彦山の田ノ浦コースなんだけど

弥彦山 田ノ浦コース

今回の弥彦山 田ノ浦コースを勧めてみる。
おそらく角田山灯台コースより歩きにくいだろう。

くぅ:了解です

この反応はどんなコースわかっていないで返事している。

ジョン:鎖場も急登もあるよ
くぅ:仕方ないです

弥彦山 田ノ浦コース

そうきたか(笑)。まあダメなら引き返す覚悟で行ってみることにした。
でもちょっとくぅちゃんの成長を感じた瞬間だった。

弥彦山 田ノ浦コース

弥彦山の日本海側の田ノ浦温泉から登る上級者向けコース。
旧銅山道を利用する沢沿いに登るコースで、何度か沢を渡る。
道が分かりにくい所もあるが目印を頼りに歩けば問題ない。
滑落しやすい岩場やガレ場、急登など変化に富んでいて飽きない。
早春の雪割草やカタクリなどの花も美しい。

弥彦山 田ノ浦コース

表参道、裏参道コースに比べてマイナーなコースだ。
歩行距離 往復約8km。標高差 約620m。コースタイム 3時間35分。

弥彦山 田ノ浦コース

登山口までの出来事

私も初めて歩くコース。下調べは万全だ。・・・のはずだ。たぶん。
田ノ浦温泉駐車場を目指す。トイレはここにしかない。
ここから歩く人も多い様だ。海抜0mから歩けるし、車もとめやすい。
事前の情報では、林道を進み登山口近くにとめられるはずだった。
・・・のだが、途中から砂利道の林道となり、小心者の私は車を進めるのをためらった。
なぜなら、倒木で道が塞がっていてバックで数Km 戻った事があるからだ。
今回は安全策ということで、歩くことにした。
結果、余裕で行けたことが判明。
不安ならやめておく。リスクは少ない方がいい・・・これでよしとしよう!
自分に言い聞かせた。

弥彦山 田ノ浦コース

下山してきて、当初置くはずだった駐車場で着替えていたおじさまに
「おめさん、どこまで歩くんだね?」と聞かれ、
「車は下に置いてきたんさ」と伝えると、
ここまで車もってくればよかったのにと言わんばかりの
「そらかね」と言われ、苦笑いした。

今回のふたりの山歩記はこんな感じで始まった。


最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. ジョンさん、こんにちは。
    登る山を決めるのって悩む反面、楽しいですよね。
    特に誰かと一緒に登るような場合は、相手のことも考えたコース選びが必要ですし…
    と言いつつ、我が家の場合はたいてい、私が行きたい山を(ほぼ勝手に)決めてる状態ですが(^_^;)
    夫は気分で行ったり行かなかったりです。
    林道ってドキドキするの、分かります!
    ちゃんとたどり着けるの?車いっぱいだったらどうしよう?などなど。。。
    弥彦山の山歩記、楽しみにしてますね。

  2. まつたろうさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
    まつたろうさん、そうなんですよ。悩むんです。でも次のアイデアも浮かびますよね。
    普段はどちらかと言うと私が決めていますが、なるべく納得させて連れていきます。
    今回くぅちゃんは、ちょっとステップアップしてみたかった様なんです。
    今までは、どこ行く?楽なところ♡みたいな感じだったので・・・。
    林道は一度通れば分かるんですけどね・・・。
    今回の山歩記もお楽しみに!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です