弥彦山の表と裏 其の壱

弥彦山 裏参道コース
スポンサーリンク

2017年5月22日のお話しです。
弥彦山の裏参道から表参道へ歩いた山歩記です。
世の中には、色々な表と裏がありますよね。

裏から表

今回は軽目に、弥彦山を歩く事にした。
裏参道コースから登って、表参道コースを下りてくる事にした。
登山口が違うため、車二台で向かう。

私は、登山口と登山口の間の舗装路を歩いてもよかったが、くぅちゃんの都合であきらめた。

7時に表参道の駐車場に待ち合わせ。
前日飲み会だったくぅちゃんは、やはり遅刻。

平日にもかかわらず、登山者が沢山いる。
反対に裏参道コースの駐車場には誰もいない。
独り占めできるが、蜘蛛の巣にすごまれることになる。

弥彦山 裏参道コース 登山口

今日は最高気温が26度という予報が出ていたので、涼しいうちに山へ向かう。ジョンと合流してから裏参道の登山口へ。

ジョン:遅刻には触れないのね?
くぅ:ジョンは人の遅刻には厳しいのね(怒)

途中カラスがぴょんぴょんと道路を横切る。

くぅ:カエルだー。
ジョン:…ん?カラスだよね?

マジボケしてしまった。ジョンには大笑いされるし。もう。
昨日の飲み会のお酒がまだ残っているのか?
いやいや、そんなに飲んでないぞ。

弥彦山 裏参道コース 駐車場

裏参道の駐車場に到着。
天気も良く、気持ちがいい。今日は暑くなりそうだ。
準備して登山開始。

弥彦山 裏参道コース

裏参道は、裏なだけあって暗いイメージ。
でも静かな山歩きができる。
駐車場から林道を道を歩き、登山口からは登山道らしくなる。
ゆる~いつづら折れ。じみ~に登る。

弥彦山 裏参道コース

西生寺との分岐を過ぎ、弥彦山スカイラインにぶつかる。
謎の横断歩道(車で弥彦山スカイラインを通っているとそう見える)がある。
渡るとすぐに、分かれ道。
どちらも同じ所に出るから、くぅちゃんが良い方を選んでもらった。

弥彦山 裏参道コース

さあ登山開始。
木陰で気持ちいい、と思ったのは初めだけ。
あれー?息苦しい。これはよろしくない兆候だ。
そういえば今日は喘息対策薬を吸入してない。
やばいな、と思っているとヒューヒュー気管支が悲鳴をあげ始めた。
登山のキツさをまだ感じてないのに、息苦しさだけが大きくなる。
普段の半分ぐらいしか息が吸えてない感じ。やばーい。

ホトトギスの鳴き声の中に、くぅちゃんの咳が目立つ。

そんなことに思いながらトボトボ歩いていたらアレルギーの薬持っていること思い出した。

くぅ:効くかな?効かなかったら飲み損だしなー。
ジョン:飲み損ってなに???
くぅ:どうか効きますように!
ジョン:???

しばらくしたら少しずつ良くなってきた。効果ありだ。よかったー。

今日はあちこちに動物の糞を見つけてしまう。
たまに大きめなやつがあって動物?と疑いたくなるやつもある。
踏まないように気をつけないと。
暖かくなってきて、虫や動物も活発に活動してるから、攻撃されないように気をつけよう。
ジョンは、何故か蜘蛛の巣と熊蜂に好かれているようです。あと毛虫みたいなのにも。
特別なフェロモンとかが出てたりして。いひひ。

弥彦山 裏参道コース

その後は快調に歩いて行って能登見平に到着。
能登見平という名前だが、能登半島は見えない。
駐車場みたいな広場になっている。
くぅちゃんの調子も心配だったので、休憩することにした。

弥彦山 裏参道コース

おやつを食べながら、あることに気がついた。
くぅちゃんが、トレッキングポールでラクをしているではないか!
山用語で、休憩を取ることを「一本立てる」というが、2本立てている。
普通は荷物の下に杖を立てるのだが、くぅちゃんはおしりに立てている(笑)

能登見平でひと休み。
ポールをおしりのところにさしておやつを食べる。
ジョンがすげーって写真を撮り始めた。

普通は荷物に立てるの。おしりにはさしません。だって。
挙句の果てに別の所にささらないようにだって。あはは(笑)

くぅちゃんはすっかり元気になった。登り始めと今では別人だ。

弥彦山 裏参道コース

能登見平を後にして、弥彦山スカイラインと並行して歩く。
ここからはブル道となっている。
以前、キャタピラーの工事車両が登っているのを見た事がある。

そして、尾根道とブル道の分岐が現れる。
ここでもくぅちゃんに選んでもらう。
尾根道は階段地獄。ブル道は何気にじわじわ登って少し歩く距離が長い。
くぅちゃんはブル道を選択。

弥彦山 裏参道コース

そして、日本海を見渡せる、とっても眺めのいいポイントに到着。
くぅちゃんはまた元気がなくなってしまった。
これはいつもの文句を言い始める一歩前の状態。
一休みしよう。頂上はもうすぐだ。

呼吸が楽になってからはだいぶ歩きやすくなった。
そうなると、お腹すいたなー。
頭のなかがごはんのことでいっぱいになる。
前回の赤城山での反省を生かして、コーラ味のグミとこまごましたおやつを持ってきて休憩のたびに食べていたけど、
おなかすいちゃった(笑)

そーかい、お腹が減ってただけなのね(笑)

弥彦山 裏参道コース

そこからは、もう少しブル道を行く。すると八枚沢コースとの分岐がある。

ジョン:懐かしいでしょ?
くぅ:・・・お腹減った。
ジョン:はいはい。ならもう少し がんばって。もう歩いたことある道だもんね。

弥彦山 裏参道コース

そう言って、さっさと先を歩く。
ここからはあっという間に山頂だ。
その直前で熊蜂が登山道を塞いでいた。
どうも今日は、蜘蛛の巣と熊蜂に狙われている気がする。
「ごめんねー」って言いながら通してもらう。
木のトンネルを抜けると表参道コースと合流だ。

弥彦山 山頂

ここでもくぅちゃんはやってくれた。
私が写真を撮っている間に、鳥居の影に入ってじーっとしている。
これにも笑わされた。

弥彦山の表と裏 其の弐へ続く。


最後までご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
にほんブログ村


山ガール ブログランキングへ

ジョン
こんにちは、ジョンです。 くぅちゃんと一緒に山を楽しんでいます。 私はくぅちゃんを見ているのも楽しいですが・・・。 時々、くぅちゃんも登場します。お楽しみに。

2件のコメント

  1. ジョンさん、こんばんは。
    新緑と日本海の眺めが美しいですね~(^^)
    ポールでラクするくぅちゃん、ナイスです!笑
    蜘蛛の巣に熊蜂に毛虫…他の生き物も元気に活動するようになりましたよね(^_^;)
    先日の日向山でも小さいハエ?みたいなのがたくさんいて、参りました。。。
    苗場山とかも行ってみたいんですが、ブヨが多いとかでなかなか行き出せずです(+_+)

    1. まつたろうさん、こんばんは!
      ポールで楽するくぅちゃん、笑えますよね(笑)
      まぁ、虫は仕方ないです(泣)
      この際、無視しましょう(笑)
      苗場山行きたい山です。地図眺めてます。
      いつ行けるかなーなんて思っています。
      どこのコースがいいと思いますか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です